管理人の活動理念とプロフィールはこちら

発する言葉が軽い、稚拙なのはなぜだろう?

コミュニケーション

 

 

 

人は

「オリンピックで金メダルとった」

だけでは感動しない。

 

 

人はその人が金メダルをとった結果よりも、
金メダルをとるまでの

バックグラウンド(背景)を知りたいし、興味がある。

 

 

『練習では血がにじむまで肉体を追い詰めるが、思うようには身体が動かない。「もう無理だ、引退しようか」と思った時期もある。しかしコーチの愛のある指導のおかげで、つらい練習でも乗り越えることができ、ついに金メダルをとることができた。』

 

 

というような、
バックグラウンド(背景)があれば、
人はそれに惹かれる。

成功に繋がった過程を知りたいのだ。

 

なので、
自分に興味を持ってもらいたいと
あなたが考えているのであれば、

 

それに至るまでの過程を細かく話すと良い。

 

自分の体験談ならなお、良いね。

 

例えば、
アトピー性皮膚炎で
苦しみを相手に伝えたいなら、

 

「アトピーで苦しいです。一刻も早くは治したいです。」

 

というよりも、

 

「アトピーだから一日痒くて痒くて、気づくとどこかしら掻いてます。寝るときもかゆさで夜中に起きてしまい、朝起きると布団に血の跡が点々とついて、掻いてしまった後悔と自己嫌悪に襲われて苦しいです。一刻も早く治したいです。」

と、
細かく過程を話す。

 

事実は両方同じだけど、
後者は本当に苦しいのが相手に伝わる。

 

そうすれば、
自然と言葉に重みが増すし、
なによりも、
何よりもあなたが自身が、
重みを感じるはず。

 

自分が感じたことを、
素直なままに、
表現していこう。

 

そうすれば、
あなたの発する言葉に重みが増し、
相手は前のめりになって、
あなたの話を聞いてもらえます。

コメント