管理人の活動理念とプロフィールはこちら

見た目を褒めて、褒め上手になろう!

コミュニケーション

 

どうも、きよたろーです。

 

あなたは最近人から褒められましたか?

人から褒められると「認めてもらえたー」「嬉しいー」と言う気になるものです。

褒めることでコミュニケーションをよりよいものにしてくれます。

 

かと言って、やたらむやみに褒めてくる人は若干怪しんでしまいますw

「嘘っぽいなーw」

「この人軽いなーw」

なんて思ったりw

 

それでも悪い気はしないですがw

 

人って結構雑に褒められても、

例えお世辞であっても嬉しいものです。

 

でも、褒めるのでしたらちゃんと相手のことを褒めたいですよね。

 

そこで今回は、

とっても簡単にできる、上手な褒め方を紹介しますw

 

相手が喜ぶ褒め方

相手が喜ぶ褒め方には、ポイントがあります。

相手が関心があること、気を遣っていること、力をいれているところを褒めれば、

相手は「ちゃんと私のことをみてくれているんだ。」といったように思います。

 

かといって、いきなり褒めるのって照れくさいじゃないですかw

 

「君って誠実で優しい人だね。」

 

これって言葉が重すぎませんか?w

相手も身構えてしまいますし、

男の自分に言われたら掘られるんじゃないかと心配になりますよねw

 

じゃあどうしたらいいかというと、

 

ナチュラルな雰囲気でナチュラルに褒める

 

です!

 

なんかカッコよく言いましたけど、

要は自然に褒めるってことですw

ついポロっと褒めちゃったという自然さですね。

 

じゃあ具体的に何を褒めるのがいいのかというと、

もうすでに気付いているかもしれませんが、

 

相手のファッション(見た目)です。

 

これが褒めの入り口です。

 

なんだよ、そんなことかよ~

 

と、思う読者もいるかもしれませんが、

これが意外に出来ていないです。

 

遠慮や謙遜を重んじる日本人の特性でもあるのですが、

日本人は欧米人に比べて褒めることが苦手です。

 

遠慮や謙遜を重んじる日本人。

→相手が褒めてくれても「いやいやそんなことないですよ。」と言ってしまう。

→相手はあまり心地よくない。

→相手が褒めなくなる。

恐らくこのような負のループにはまっているものだと思います。

 

当たり前のことができないからこそ、

褒めることの基本中の基本であるファッション(見た目)を褒めてみましょう。

 

例えば、見た目だったら

相手が身に着けている服やアクセサリー、髪型、持ち物など褒めると良いでしょう。

ネックレスやピアスなどは「おしゃれ」だと思っているからつけているわけですよね。

 

関心がないわけがありません。

 

「そのピアス似合ってるね。」

 

これだけでいいですw

簡単ですよね。

 

相手がもしユニークな帽子を被っていたら、

 

「帽子が似合ってますね!」

 

が、良いでしょう。

 

この画像は色々つっこみどころ多いですがw

 

女性を褒める場合だったら、髪型、髪色、ネイルもいいですね。

ネイルをしている女性は、大体1ヶ月の周期でネイルサロンにいくそうです。

月1でネイルに行っているということは、関心度が違います。

 

【使える言い回し】

「センスいいですね!」

「〇〇さんに似合ってますね。」

アイテムを褒める+あなたのセンスがいいというのもGOOD

見た目だけでなくセンスも褒めているから、いやらしさがなくなります。

 

「見た目で褒める」といっても、

顔や身体的特徴(背が高い)などではあまり褒めないほうが無難です。

周りから言われ慣れていて、うんざりする可能性があります。

なんか、いやらしさがありますよねw

 

相手を褒めることは、関係性が浅い相手にも有効

 

「見た目を褒める」ことは

自分と相手のとの関係性の深さは問いません。

 

逆に知り合って間もないのに。

「あなたって、こういう人だよね」と性格や人格を褒めても、

的外れなことを言う、可能性があるからです。

 

現に相手のことわかってませんよねw

 

そういう上辺だけの言葉というのは相手にばれてしまうものですw

素直に、ポジティブな気持ちを伝えていきましょう。

 

次は「レッテルを捨てよう」という記事です☟

コミュ障というレッテルを捨てろ!「人との会話が続かない=コミュ障」ではない。

 

コミュニケーションの発信をしています。

詳しい僕のプロフィールはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメント