管理人の活動理念とプロフィールはこちら

【イメージを現実化】理想の自分になるためのたった1つの方法

自信

どうも、きよたろーです。

皆さんには尊敬できる人はいるでしょうか?
「あの人みたいにかっこよくなりたいなぁ」とか
「あんなことできるあの人みたいになりたいなぁ」とか
そういう人は芸能人や有名人、はたまた身近な人だったら会社の上司とか先輩、
1人くらいはいるんじゃないでしょうか?

 

今日は「理想の自分になるためのたった1つの方法」について話していきたいと思います~。

 

最強の自分(理想の自分)の作り方はとってもシンプルです。

 

思い込みを続けることです。

イメージし続けることです。

 

あなたは最強の自分を想像できますか?

理想の自分って置き換えてみるのもいいと思います。

 

  • 理想の自分はどんなことをしているのか?
  • 理想の自分はどんなふるまいをしているのか?
  • 理想の自分はどんな暮らしをしているのか?
  • 理想の自分はどんなスキルが身に付いているのか?

 

想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

想像できましたか?

 

それは実現します。

必ず実現します。

 

「なれるわけないよ~」って思う方。

 

もれなく「なれるわけないよ~」と感じている自分が出来上がりますw

 

人間は思ったとおりしかなりません。

人間は想像通りのものにしかなれません。

 

本田圭佑の卒業文集

「ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うより、なる

世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから 今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。
そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。」

 

石川遼 将来の自分   

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。 
三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。
四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。 
六年後…高校三年生、日本で一番大きなトーナメント、日本オープン優勝。 
八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。マスターズ優勝はぼくの夢です。

 

理想の自分になれた人は、自分の夢を持っています。そして成功者は必ずといっていいほど、同じことを言っています。

イメージができていることに伴って行動に移しています。

 

そして重要なのはイメージを継続すること。

この継続がなかなか難しい。

周りの人の意見、周りの環境、その日の自分のコンディション。

今日はポジティブでも明日にはなったりネガティブになったり。

自分というのは気まぐれですよねw

 

じゃあどうすればいいか?

 

 

 

 

 

理想の自分になることを口癖にしてしまえばいいんです。

 

 

本田圭佑さんの言葉をかりるならば・・

 

「なりたいと言うより、なる!」

 

自分の目標を定め、「~になりたいと言うより、なる!」口癖にしましょう。

 

朝起きたら、「~になりたいと言うより、なる!」

トイレの中でも「~になりたいと言うより、なる!」

寝る前にも「~になりたいと言うより、なる!」

 

自己洗脳に近いものがありますよねw

でも実際に言葉の力というのは偉大です。

自分が発した声(言葉)というのは、耳から鼓膜を通るだけでなく、言葉が無意識の内に自分の脳に刷り込まれています。

(自分の言葉遣いが未来の自分に影響するということが脳科学でも証明済みのようです。)

 

だからこそ、「口癖にする」ということが非常に効果的であるんですね。

たったこれだけで理想の自分になれるとしたら簡単じゃないですか?

 

あとは、あなたがやるか、やらないかだけだと思うんです。

 

あとはあなたがどう選択するか?

なりたい自分になっていきましょう!

 

コミュニケーションの発信をしています。

詳しい僕のプロフィールはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメント